個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です

アクセスカウンタ

zoom RSS 参考書の選び方のヒント

<<   作成日時 : 2013/06/21 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先ほどから英検の合否結果確認がアクセスしづらい状況でしたがやっとつながりました。

無事全員合格。

3級以上の受験者は2次試験に備えるために、自己採点でぎりぎりかなという人以外には既に対策パックを渡してあります。

すぐに全員に対策パックを渡し、2次対策を行ないます。



今日は「参考書」について考えてみたいと思います。


書店に行くと本当にいろいろな参考書が置いてあります。

加えてみんなよさそうに見えますので、いざ選ぼうとしても悩んでしまいます。

今回はそんな人へのヒントです。


うちの教室でもやはり「参考書をどうしましょう」という相談はよく受けます。

塾専用の教材以外の市販教材についての話ですが、正直自分が書店に行ってもみんなステキなものに見えてしまうのは事実ですし、それぞれの教材に製作者の意図することや思い入れが入っています。


ですから、まず教室で生徒・保護者の方からお話をうかがい、おすすめのものをいくつかお見せして、長所短所を説明した上で実際に書店で実物を見て購入してもらっています。

長所短所というのは、例えば問題は豊富に掲載されているけれどその分解説が少ない(問題集)、逆に解説は豊富だけど解くための問題は少ない(参考書)といった具合にそれぞれに特徴があるからです。

そこを説明しないで「これはいいですよ」とは言いません。

あくまでも長所短所を理解してもらい購入の時の判断材料にしてもらいます。

また使用する目的(受験・日常学習、使用期間)によっても、おすすめする参考書は当然異なりますので、組み合わせはさまざまです。


中でも一番重視するのは問題集・解説書どちらにもいえることですが、「生徒が自分で問題の解説を読んで理解できる解答書が付いているか」という点です。

これは必ずお話させていただいています。

上位層は答えだけ記載のものでもある程度問題集に対応できますが、自宅学習用で解説がないものは他人に聞くことができないため、塾に「わかりません」と言って質問に来ることになるため本末転倒ということになります。

それだったら塾用の教材と同じだということになってしまいます。


一番のおすすめは、学校や塾の先生、先輩などが「これはいいよ」と言ってくれる教材だと思ってください。実際に使ったことがある、触れてみて丁寧なつくりだなと感じたものをおすすめしてくれるはずですよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
参考書の選び方のヒント 個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/06 03:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
参考書の選び方のヒント 個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる