個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です

アクセスカウンタ

zoom RSS 習うより慣れよ

<<   作成日時 : 2019/01/29 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「春のいいね!を実感キャンペーン」は2月からスタート! 高校生自習専用室」が好評です。おかげさまで京進スクール・ワン鎌取教室は4月に開校13年目を迎えます!鎌取教室は「リーチング生徒手帳」を使用して学習スケジュール通りの学習を行ってもらうことで生徒の成績を上げ合格に導いています。小学生高校生の全科目無料サポートも行っています。全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ!




大学入試が本格化。



僕も指導とサポートに入り、不安な点などを対応しています。



1月初めまでに私大・センターの準備はできているので、この時期は過去問演習後の指導がメインになります。



受験校の過去問は赤本の最初のほうに傾向と対策が書いてありますので、まずはそのページを読むようにアドバイスしていますが実際には「教科書をしっかりと」などしか書いてないので「何が出題されるか」の確認がメインになります。



そして実際に解いてもらいますが時間配分もチェックしながらになります。



僕も過去問は実際に解きますが、大学によって毎年決まった傾向で出題する大学と、複数日程で出題傾向が異なる大学、さらには複数日程の出題をランダムに組み合わせて翌年出題する大学があることが分かります。



これは実際に解いてみないと、または過去数年のものをチェックしないと分かりません。



あとは大学によりますが過去問で解いた問題が形を変えて再利用されているという点も大事です。



ですから過去問を数年分解くということは「正答率を上げる」ことに直結します。



実際、今週ある私大の英語の過去問を指導している生徒はその大学の過去問演習→解説を繰り返して現時点で10点分の上乗せができています。



実際に過去問をさかのぼっていくと小問で2題くらいは再利用されている場合がありますので上がります(注:あくまでも大学によりますし実際に検証して対応しないといけません)。



この時期は言い方は悪いのですが枝葉末節にこだわるより総合で得点を取ることを考えましょう。



ただし間違えた問題の単元は今まで使用していた参考書・問題集で確認は必ずしましょう。



これは「必要なところ」を押さえに行く作業ですので枝葉末節にこだわるということではありませんよ。




中3生は面接、スピーチの準備に入っています。



チェックは僕自ら行っています。




画像




2/1〜4/7まで「春のいいね!を実感キャンペーンを実施します。



【特典】


1. 入学金21,600円が0円に


2. 2/1(金)〜3/30(土)に入室お申し込みならびに授業開始され、かつ1:2個別指導を含んで週2回以上で春期講習4回分無料


3. ご紹介・ペア入室で図書カードを5,000円分プレゼント



※鎌取教室のみの特典です




画像




今年度大学入試結果速報は上記の通りです:



徹底的に情報を分析して対応すると推薦での合格は取りやすくなりますし、実際に教室長自ら対応しています。



そしてとにかく行動してもらいます。



ですからここまではっきりと結果として現れます。





今春も特典は多いのですが、基本は「スケジュールを決めて学習して成績を上げたい、志望校に合格したい」という方に来ていただきたいというのが僕の考えです。



結果として特典がついてくるとお考えください。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
習うより慣れよ 個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる