死亡率は低いというけれど

夏のキャンペーンスタート!おかげさまで京進スクール・ワン鎌取教室は開校14年目!鎌取教室は「リーチング生徒手帳」を使用して学習スケジュール通りの学習を行ってもらうことで生徒の成績を上げ合格に導いています。小学生高校生の全科目無料サポートも行っています。全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



新型コロナウイルス対応に関してのお知らせです(7/20(月)現在):

新型コロナウイルス感染予防対策として、京進スクール・ワンでは次の通り対応を取らせていただきます。

※ 休校措置が取られた学校にお通いの生徒には自宅でのオンライン指導を行います

※ 入室時接触式体温計での検温、授業時の全員マスク着用、手指消毒、ドアノブ・机等消毒、授業ブース内のビニールシートでの仕切り、常時換気または授業ごとの換気を行います

※ 教室に来られないまたは希望される生徒さんに対してはオンライン指導を行います

※ 自習室に関しては人数制限の上完全予約制で使用を行っています

※ 深紫外線殺菌を用いた空気清浄機「エアロピュア」を複数台設置して滅菌を行っています

DSC_0088.JPG





2019年度の中高生のテスト結果は以下の通りです。



Microsoft Word - 成績上がったよ A4掲示用 2019年度.jpg


「スケジュールを決めて」学習した人は成績が一気に上昇、または上がった状態で安定しています。



鎌取教室ではリーチング生徒手帳を使い、「1週間の学習スケジュール」を決めてその通り学習してくださいと生徒の皆さんに話しています。



DSC_0050.JPG




※6/1(月)から8/31(月)は夏のいいねを実感キャンペーン期間です:


5eba32226f670.jpg

CP01.png




中学・高校のテスト結果速報です:



中2女子 入室後最初のテストで5科60点アップ

中2女子 入室後最初のテストで5科53点アップ

中2男子 前回より5科61点アップ

前期中間テストのあった生徒は全員得点アップしました

高1 数学I 95点

高1 数学I 95点

高1 数学 82点

高2 コ英 72→90点

高2 クラス2位

高3 コ英 84点※

高3 社会と情報 90点※

高3 現代国語 87点

高3 古文B 92点

高3 数IA演習 91点

高3 国語特別演習 93点

高3 コ英 95点

高3 化学基礎 94点

高3 政経 90点

高3 日本史 87点

高3 数IA演習 100点!※

高3 地理B 88点※

高3 生物研究 92点※

高3 コ英 63→84点※

高3 英表 99点

高3 英表 91点

高3 コ英 94点

高3 化学 88点

高3 物理 89点

高3 物理演習 93点





気が付いたら「コロナと共生」に既成事実が出来上がっていますが、教室では感染防止対策でドア窓開放、深紫外線殺菌の空気清浄機、授業終了後のアルコール消毒などいつも通り徹底して行っています。



その人により受け止め方は異なりますが「死亡率が低い」ということで少し間隔がマヒしかけているように感じます。




戦争とは違いますが、昔は兵士を殺すための武器、その後は傷を負わせる目的に変わっていると以前本で読みました。



怪我人は兵士数名の助けを借りて後方に送られる、要するに戦闘力を低下させることが目的となっていったからです。



現在はAIを駆使して無人での戦いとなってきていますが、新型コロナウイルスは死亡率が低いとしても、感染した場合の有形無形の影響はそれなりに出ます。



今年大学に入学した講師は9月の入学式がさらに延期となったそうですし(こうなると半年以上経過するので本当にやるかどうかという状況です)、受験生にとってみれば受験シーズンに感染したら受験自体が難しくなりますのでとにかく厄介な存在となります。




一番の問題は経済に与える影響です。



教室にはアルコール消毒液のストックはありますが、毎晩消毒しているとやはり在庫は減っていきますので常時在庫は確保しておかなければいけません。



どの企業も新型コロナ対策経費はかなりの割合になっています。



加えて消費マインドが一向に高まらないので、モノを積極的に購入するという状況にもなりません。




本当に必要なものしか買わない、特に新型コロナ対策のためのものが優先という感じです。




受験に関しては教室の受験生は先月から増え続けています。



実際3月から大学入試の勉強はスタートさせていますのでこれから入る人はかなり頑張らなければいけません。



ただし、やり切れないことはさせられないので個別に「どこまでの力を付けるか」考えながらカリキュラムを組んでいます。



毎年個別に対応はしているので特に難しいということではありませんが、9月15日くらいから総合型選抜(旧AO)の出願開始、10月に試験が始まることを考えると実際に残された時間はあまりないのです。



高3生は受け入れ人数としてはそろそろ限界です。



9月以降も物理的に受け入れは可能ですが、やはり物理的にどこまで学力を伸ばせるかという問題は出てきます。



最初の授業は教室長が行い生徒の理解力を実際に確かめて方針を考えることを行っていますが、欲を言えば2年時から英文法の事前準備を行うなどして(現にうちの教室の講習時には受験勉強を先取りして行っています)、早めに力を蓄えておいてほしいと思います。