アクセスカウンタ

個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です

プロフィール

ブログ名
個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です
ブログ紹介
千葉市緑区のJR鎌取駅から徒歩2分、丁寧な指導を心がける先生1人に生徒2人の個別指導教室です。
生徒の学力に応じた指導を行い志望校合格へと導いています。
TEL 043-293-6861(日祝は原則休校)
パソコンHPは http://www.s1-kamatori.com
スマホHPはhttp://m.s1-kamatori.com
http://mobile.dudamobile.com/site/www6_ocn_2 です。
教室Facebookはhttps://www.facebook.com/#!/s1kamatori

教室長のロシア詩の翻訳はhttp://nakagawa-russia.tokyo-hp.com/でご覧になれます。
zoom RSS

自然に行動できるように

2017/09/21 15:20
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ





僕は新潟の燕市出身です。



父親は燕出身、母親は長岡出身。



新潟は「新潟弁」と言われ「語尾にら・らて」をつけると一般に言われていますがそれはあくまでも新潟市を中心とした下越地方の話。



長岡では「語尾にが・がて」をつけます。



母方の実家に行くと普段の「ら・らて」が「が・がて」に自動で切り替わります。



意識はないのですがバイリンガルだということです。





今日の話は「自然に行動する」。




自然にと言っても「本能のままに」ではないのでご注意ください。



例えば、勉強が進んでいない生徒がいるとします。



話を聞くとスケジュール通りに進んでいない理由は「スケジュール通りの学習がうまくできていない」ことがわかりました。



まずアドバイスしたことは「スケジュール通りのルーティンに戻しましょう」ということ。



どの科目をどのペースでどのレベルまでとアドバイスして、そこからは自分でスケジュールを組んでもらいます。



スケジュールは自分で考えてもらいたいのと実際にテキストを見ながら考えるのでスケジューリングの仕上げは任せます。



「そこまでできたらその通りにやってみましょう」とアドバイスしておきます。



「最初はやることが増えているので大変だと思うだろうけど、進んでいくとできるようになるし残りが見えてくる分楽になるよ」とも話します。



一週間できたら次の一週間、これを繰り返していくと普通に自然に行動できるようになっていきます。




特に「できない」からと言って厳しいことを言うことはありませんが、「できるのにやらない」場合は普通に「時間は作るものだ」と言います。



「無理、できない」と言う人には「頭の中に「無理・できない』という考えが根付くから絶対にその言葉を口にしてはいけない」と言います。




普段から自然に行動できるように自分の中で「こうしよう」と考えていることが大事です。




画像




今週は2期制の高校の期末テスト週間。



生徒の皆さんには9月に入ってから「教室に来れば何とかするよ」と言い続けているので、本当にやってきます。



要するに「早めに全科目触れておきなさい」ということで、特に部活が忙しい男子生徒数名には意識してもらっています。



今回は英語・数学・日本史の順番で授業と補講が多いです。



これも「早めに対応しておく」を自然にできるようにという考えです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


書くと効率的

2017/09/20 22:24
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



最近は自分でも授業に入って生徒の指導をしています。



定期的に入るようにして各生徒の進捗・理解度を確認することで講師の皆さんとも報告を受けるだけでなく連携を取りやすくなります。




最近生徒の皆さんに意識してもらっているのが「書くこと」です。



今日も当たり前の話になりますが、「効率よく勉強する方法を教えてください」と質問されたら必ず「手を使って書いて勉強しなさい」と答えています。




今日の中3生の数学の授業は二次方程式。



最初に解の公式。



これは一緒に「2a分の・・・」と声に出してもらい、符号に気をつけて解いてもらいました。



同じページを二回繰り返すとパターンは覚えます。



そこまでできればあとは課題を出して進めてもらえば大丈夫。




高校生2名は英語。



皆さん英文と和訳を書く作業を意外にやっていないんですね。



ここら辺は基本中の基本ですが授業では行わず、本文と文法の解説を行い課題として出しています。



後は代名詞が何を指すか。



個々皆さんに教科書本文で当たる練習してもらっています。



基本は「前の文に答えがある」ですが、続けていくと性格に判断できるようになります。




大学受験生は志望校の絞込みと推薦入試の準備・対応。



これは僕が「ここはどう?」ということはまず言いません。



自分で判断してもらわないといけません。



情報は伝えますがそこまでです。



自分の目で見て耳で聞いて納得しないと意味がありません。





「書くと効率的」というタイトルからそれてしまいましたが、実際に「やってみること」で効率的に進んでいきます。



やらないよりはやったほうが進みますし、スケジュールを決めてあればその通りに進めていけば良いということです。




画像




隣の第二教室ですが、新しい名称を考えています。



第一候補は「虎の穴教室」です。



文字通り「入ったら終わるまで出てこれない」部屋になっています。



ネーミングライツも検討中。



希望者は教室までご連絡ください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「欲しいものは自分の力で」が前提

2017/09/19 15:32
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




最近ブログで宣伝みたいなことばかり書いているので、今日はまったく別の話を。



夏以降、中学も高校もテスト模試と続き、受験生には受験が徐々に近づいているという考えが少しずつ出ています。



10月11月と冬に向かっていくと選択肢は絞られてきますがこの時期は夏の遅れを調整して取り戻す時期です。



予定通り進んでいる、進んでいないどちらかに分かれますが遅れは早めに取り戻したほうがよい。




もっと端的に言えば「欲しいものは自分の力で」が前提で学習は進めるということになります。



当然わからないところは塾などで指導を受けて、その後どうやって自分のものにするかは自分次第。




レベルにもよりますが個人的には「同じパターンの問題をできるまで徹底的に繰り返す」ことが大事かとは思います。



ただしもそこまで突き詰める人は少ない。



やっている人は結果が出ているんだろうなと思いますし実際結果が出ています。



そこは生徒各自「自分がどうするか」考えるところ。




僕が授業に入るときはとにかく反復を行ってもらいます。



反復していくとできるようになりますが、できるだけ授業内でを心がけています。



できるようになって授業が終われば次は自分で様々なパターンを試してみれば解ける幅は広がります。





ただし、基本は「スケジュール通りの学習」。



バランスを取ることで「欲しいものが手に入りやすく」なります。



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


午前中は統一テスト

2017/09/16 08:27
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



午前中は中3統一テストからスタート。



画像




これからの時期はVもぎ、Sもぎ、統一テストが毎月行われます。



加えて学校では学力テスト。



模試はあれもこれもということではないので月2回くらいが受験目安かと思います。



今日は「慎重に」というアドバイスを行ってからスタートしています。



これは昨日書いたブログの内容のとおり。




午後は通常授業。




明日とあさっては休校ですが、台風の情報が気になります。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スピードは大事ですが慎重に

2017/09/15 14:48
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今回の中学生の定期テストの感想。



「スピードはあるがミスもある」です。



ケアレスミスはミスではなくて実力がついていないんだとか様々な意見があります。




個人的には解くスピードがそれなりに早い人にケアレスミス(とでもいうのでしょうか)が多いと感じます。




講師の方と生徒別に話はしていますが、要するに「慎重に解きなさい」ということ。



「スピードを遅くする」とは違います。



慎重に解いてもおそらく時間は余るはずです。



後で見直しするという考えもありますが、よほどのことがない限りその場でしっかり解いていくことでミス自体無くせます。



時間がない中で「この答えでよかったかな?」と迷ったときのアドバイスは「そのままにしておきなさい」。



最初に時間があるときに考えた答えの方が正確です。





これは僕が昔々共通一次(今のセンターです)を受けたときの話。



最初の国語の現代文。



時間には余裕を持って解き終わり最後15分から20分で見直しをしてしまいました。



読解の選択が2題「これでいいのかな?」と疑心暗鬼に。



訂正したら2問とも不正解で、訂正する前の選択肢が正解だったという話。



幸い物理がマークシートの恩恵にあずかれたので無事合格はできましたが、今でも思い出すことがありますし生徒の皆さんにも自分の経験は伝えています。



ですから「最初に選んだ選択肢は時間がある中でじっくり考えたものだから正解(に近い)」とご理解ください。




スピードは大事ですが「慎重に解く」ことで中学生の5科目なら1科目5点くらい上がるはずですよ。





こちらは第二教室↓



画像




外窓の掲示が出来上がりました。



8月下旬からオープンしていますが、9月月初は慌しかったのでこの時期に。


画像



今回の内装はすべて教室長が行いました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


成功したときのイメージを覚えておく

2017/09/14 15:19
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今回の中学生の定期テストの主な結果です。



中3 5科 入室時 208→260→299点(3回で91点アップ)


中3 5科 319→351点 32点アップ


理科 20点アップ、21点アップ、16点アップ、14点アップ


社会 26点アップ、18点アップ、13点アップ、11点アップ、20点アップ、22点アップ、16点アップ


数学 27点アップ、22点アップ、20点アップ、26点アップ、16点アップ、18点アップ、18点アップ、12点アップ


英語 14点アップ、16点アップ、18点アップ



まだ半分も集計できていませんが、皆さん本当にがんばっていると思います。




毎回書いていますが特別なことはやらせません。



アドバイスは「学校ワークを使ってスケジュール通りに進めなさい」くらいです。



直前に補講をする場合もありますが皆さん各自の課題を見つけて考えて学習していることで結果に結びついています。




今回「失敗した」と「言う」人もいますが、前回で5科目の点数を上げて今回は横ばいかあまり上がっていない人だけです。



一度上げて下げなければ、キープすれば失敗ではないといえます。




「できたときのイメージ」が定着すると他の科目にも同じようにすればできるということがわかってきます。




画像

 



テスト後のチェックでも「ワークを徹底的に解いた」という当たり前の感想が多いんです。



おそらく中1・2生には「得点を上げるためのヒント」になると思います。



中3生は受験のカリキュラムに沿ってスピードを速めた指導になっていきます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地味だけど結果が出る方法

2017/09/13 15:12
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今日は千葉南高校の体育祭。



来週は2期制の高校の期末テスト。



月末は千葉工業高校の修学旅行。



小学校の農山村留学は先週。




9月も様々な行事があります。




中学生の定期テスト結果が出てきました。




数学 26点アップ、5科32点アップなどまだ一部の結果ですが皆さんがんばっています。



今回は偶然ですが6名6科目で18点アップなっています。



最終集計は来週行います。




今日は地味だけど結果が出る方法について。




うちの教室は特別なことをやらせてはいません。



だから○○スペシャルみたいなものはなし。



生徒の皆さんに実行していただいていることは 「週間学習スケジュール」を決めてその通り実行、長期休暇も含め1年間そのスケジュールで行動しなさいとアドバイスするくらいです。



「それ以外は考えなくてもいいよ」と話すこともあります。




要するに「学習の基本」を徹底してもらうわけですが、実は継続が一番大変です。



ですから「1週間のスケジュールで土日は予備日にしておきなさい」とも話します。



1週間単位でスケジュールを動かしていくことに慣れると、全体で成績が上がります。



個別指導だから5科目の対応は難しいということはありません。



1週間の中で「5科目のバランスを取って学習を行うスケジュール」を最初から作成しますので、バランスが偏らないようにしています。



授業時に進捗状況をチェックしていきますが、ほとんどの人は実行できていますのでテスト1ヶ月前にほぼ順調であればテスト結果は実はあまり心配しません。



心配な科目はテスト前に補講しますが具体的にどこを補強するかわかっているので対応しやすいということです。




もう一つ大事なことを。



これは高校生にも話していますが「時間がないときでも書いて学習しなさい」とアドバイスします。



書いて学習したものは覚えやすいです。



テスト・入試は覚えていることが多ければ得点できます。



結果的に効率のよいのは「書くこと」だという話です。





今在籍している方は基本的にアドバイスを受け入れて実行してくれています。



できない人は他の塾様を探さざるを得ないということになるのですが、「スケジュール通り全科目を決めたとおりに書いて学習すること」は最初に書いたとおり勉強の基本ですので、うちの教室はこのままの方針を続けます。




※保護者の方や生徒から「何年前の写真を使っているんだ」と言われ続けています。



先ほど自撮りしたのですがどうもイメージと違います。


画像





誰か加工の方法を教えてください。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私立単願併願

2017/09/12 14:24
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ





午前中は千葉敬愛高校の説明会に。



画像




昨日も市川市の高校の先生と話をしたのですが、最近は公立進学傾向が少し強いかなと感じています。



ただし千葉県の場合4〜5人に1名は私立に回る倍率です。



春先の東海大学付属市原望洋の単願(第一希望)が80%でしたが、千葉敬愛高校も50%くらい単願がいるので多いなあという印象。



ただし上記2校は併願(第2希望)だと単願より推薦基準が高めになるので、単願にする人が多いのかと考えます。



東海大付属の場合は大学内部進学がありますので80%、千葉敬愛の50%は他の私学に比較しても多い数字だと思います。




中学生の定期テストの結果に関しては、本人たちが落ち込むほど悪くはありません。



もうだめだといっている人も前回の比較ではほぼ同じで、その前の入塾して初めての前期中間テストで50点以上アップしているので要するに下げていないということです。



「上げたら下げない」はほぼすべての皆さんができているので、考え方と勉強のやり方は間違っていないわけです。



あとはできるだけ手を動かして書いたらもっと点数は上がるでしょう。




中3は受験対策リスニングで単語・文章の聴き取りと書き取りも夏から行ってもらっていますので、練習量自体はしっかり確保できています。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スケジュール通りに

2017/09/11 16:24
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




今週は残暑。



疲れた体にはこたえます。



受験が徐々に近づいてくると、正確には受験に向かって時間が減っていくといったほうが良いかもしれませんが、皆さん焦ります。



焦るなという方が無理かな。



僕も大学に入ってから、「あの時お前はピリピリしていた」と言われてそうだったのかと気付きました。



おそらく合格できたのはスケジュールを守って、できるまで徹底的に学習したことも一因かもしれません。



それ以降は自分で必要なことは自分で学習して現在に至っています。




ですからスケジュールは「作った後に必ず実行するもの」だと考えましょう。



スケジュール通り学習できていれば何か突発的にトラブルが起きても時間に余裕を持つことが可能です。




月曜日はそんな話からスタートします。



画像



画像



第二教室も皆さんしっかり利用しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


緊張したら「大丈夫」と思う

2017/09/09 15:41
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



高3生は指定校推薦の校内推薦が取れた人も出てきて、今年度は進路内定者が早くも半数に。



志望校・進路は皆さん当初からの学校で、薬学部が1名。



高校に入ってからも教室で勉強してくれているので決めるときにしっかり決めてくれたという感じです。




高1はまだ将来の進路なんて具体的に見えません。



ただし文系理系の選択だけは迫られます。



僕の場合は語学文学系でロシア語と考えていたので、自然と文系になりました。



今はどうかわかりませんがいわゆる「特殊言語」は専門分野での仕事が可能です。



グローバル社会は英語の時代だとよく言われますが、ロシアに行ったらロシア語で皆さん話しかけてきますので英語+αが求められているのかなと。



僕は英会話が苦手でしたので中身を伴って会話できる人は偉いと思います。





今日の話は「緊張したら大丈夫と思う」。




大学入試は推薦入試が本格化します。



毎年の話ですが面接は「とにかく緊張する」という人がほとんどですが、緊張しないほうがおかしいわけです。



具体的なアドバイスは以下の通り行っています:



・ 自分の言葉でしっかり事前練習しておく


  これは当然のことです。想定問答は練習しておくべきで、そのとおりの質問が出なくても頭の中に入っていることでしっかり答えきることができます。



・ 緊張したら「大丈夫、大丈夫」と思う


  緊張してきたとき「どうしよう」と思うとどうにもならないものです。「大丈夫」を繰り返すと意外に大丈夫なものです。他人も緊張していますのであなただけではないですよということ。



・ トイレに行く


  面接前は交感神経が作用しまくっているはずですが、トイレに行ってホッと一息。意外に緊張がほぐれます。




ほかにもいくつかありますが、生徒さんと受験する大学の傾向に合わせた対応を、教室長が自ら行っています。




画像




8月末から高校生メインの第二教室もオープンしてより集中できる環境を整えています。



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まず一つのことをしっかりと

2017/09/08 15:10
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




中学生は今日がテスト最終日。



必修講座の生徒は早めに教室入りして自分の学習を進めています。



曜日を決めて受講してもらっていますが、夏から行っていますので普通にルーティンとして行ってくれています。





一つのことに集中するのは良いことです。



実は僕は「ながら何とか」というのができません。



ですから「ながら勉強」は一度もしたことがありません。



数年前一度経験しておかねばということで試しましたがテレビをつけながらは無理でしたし、ラジオ・CDも無理でした。



「勉強だけ」しっかりして、あとは気分転換に別のことをしたほうがよさそうです。



ですから「歩きスマホ」なんていうのも危なくてできません。



横断歩道上でやっている人を見ると「危ないなあ」と思います。




仕事だと同時にいくつか並行して進めるということはありますが、同じ種類のものでないとバラバラになりそうです。




ということで勉強するときはそのことだけに集中しましょう。



画像



画像





高校生は第二教室での自習ができます。



現在の教室は小中学生とそれぞれ別の空間で自習ができるようになり、皆さんより集中できる環境になっています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テスト前も個別に対応

2017/09/07 14:49
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




先ほどは固い話で自分も肩が凝ったので、バランスを取ってもう一つ。



バランスと言えば今年の高校説明会はバッティングが多いです。



先ほど届いたはがきで説明会の曜日訂正。



2つ被っていて一方に電話してお詫び。



調整がついたのでほっと一息。





今週は中学生の定期テスト週間。



家にこもる人と教室に来る人に分かれます。



教室に来る人は自分ができるだけ補講しています。



昨日は数学・理科・国語がメイン。



計算などは解き方が安定していなければそこを重点的に、理科はフラッシュ方式で反復してもらうとぎりぎりでも対応ができます。



僕もそうでしたがぎりぎりにならないと慌てないものです。



これはいつの時代でも同じですね。



今は塾という場所でサポートしてもらえます。




授業だけで塾に通うのはもったいないかなと思います。



自習でも利用してもらえればその場でアドバイスもできます。




最近は受験対応でバタバタはしていますが同時に2名くらいは対応できますので、ぜひ勉強道具を持って遊びに来てください。





悩んだ顔をしていてもできるようにはならないので、結構笑わせながら対応しています。



笑うと頭の中で「覚えやすい物質」ができるそうです。



ただし生徒の皆さんには「帰ったら『今日も教室長が真剣に笑い一つなく教えてくれた』と報告しなさい」と念押ししています(注:保護者面談でもお笑いいただいているので結局はばれるんですが)。




画像




↑人気の第二教室
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


言葉は変わる

2017/09/07 14:27
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今日の新聞で、日本遺伝学会が「優性」を「顕性」、「劣性」を「潜性」と用語を改定したという記事が。



教科書の表現も変えるように要望を出すという話ですので近いうちに変わるかもしれません。



仕事柄、文章・口頭を含め表現には気を遣いますしニュースなども含めこまめにチェックしています。



時代が変われば表現も変わる、これは事実。



我々が苦労している「古文」も昔の現代語ですし、今話している言葉も100年後には変わっているはずです。



明治・大正期と平成の言葉を比べるとわかりやすいですね。



口語表現はあまり変わらなくても文章表現は明らかにやわらかくなってきています。



「ら」抜き言葉も今はまだ揺らいでいる状態ですが文章表現でも普通に使用されていけば標準になるのだろうと思います。




以上述べたとおり「言葉は変わる」ものです。




ただし変えていけないものは文章構成など文の作り方。



これは言葉というよりは言語となりますが、語順がめちゃくちゃだと文として成り立たず意味不明になってしまいます。



言葉は変わるが文章構成は変わらない。



古文と現代文を対比すれば変わっていないことはわかります。




今日最初は結構固めの内容でしたので次のブログで頭をやわらかくします。




画像




第二教室が人気です。



スペースが2倍になったことで、より集中できる環境が整いました。



高校生の方優先で使用できます。



テスト対策などでご活用できます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勉強は必要なものだけ用意して

2017/09/06 16:22
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



京進では「夏のスマイルキャンペーン」というものを全国規模で行っていて(注:既に終了)、各教室でも独自に賞を設けています。



「今年の流行語」を書いた教室長賞が大人気です。



画像




「うちの教室長はいつもこんな感じだ」と生徒もわかっているので、大体付き合ってくれます。



笑うことは体にも精神的にも良いということです。



だから結構勉強はやってもらいますが、皆さんがんばって何とかしようと考えて実行してくれます。





今日の本題に。



新規オープンの第二教室には机と椅子しか置いていません。



後は生徒の皆さんが持ってきている参考書と問題集がすべてです。



質問対応等は行いますが、基本的には「勉強するためだけ」の環境を特別に作っています。



最初にスケジュールを組んでそのとおり実行する。



実際それだけの話なのですが、1週間のスケジュールを、教材進行のスケジュールを立てていないと全体を見ながらの調整が行いにくくなります。



ですから先日も書いたとおり「スケジュールが組めたら半分成功」だということです(※その後実行しなければ失敗します)。



今述べたものが「勉強に必要なもの」です。



徹底的に無駄を省くと「それ以外はなくても大丈夫」ということになります。



勉強するときは余計なものが何もない状態のほうが集中できるということです。




画像
       



                                                                                                                    




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


結果を出した人が必ずやっていること

2017/09/05 15:37
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




公立中学校は先週の生浜中、今週は残りの中学校で前期期末テスト。



皆さん自習にも来てくれていますので、その場でアドバイスを行えます。



夏前に入室した中2生は社会の点数が26点上がりましたが、自習時にワークと教科書を読みながら勉強していたので「書いて覚えると覚えやすいよ」とアドバイスして実行してもらった結果「アウトプット」ができました。



結果をしっかり出す人は「書いて」勉強しています。



「時間がかかるから大変」だと思う人もいますが、最後に覚えているほうが「効率のよい学習方法」だと考えた場合、最初から書いていく=インプット・アウトプットを同時に行ったほうが正答しやすくなります。



暗記系なら「書く」。




数学の文章題も同じです。



間違えた問題は同じ問題を繰り返すことで「パターン」として解けるようになっていきます。



そこまでいかないと解けない、または時間不足で解ききらないとなってしまいます。




中学生のテスト対策の基本は「教科書+学校ワーク」です。



手持ちの教材をどれだけ完璧にするかだと思います。



画像




画像




第二教室は「高校生専用」での運用を行っていますが、連日皆さん集中して学習しています。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


気力・学力・体力プラス○○力

2017/09/04 15:21
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



昨日は半月ぶりに休み。



働きすぎは体によくないとわかっていますが、今年は第二教室オープンの準備もありオーバーワークに。



疲れはだいぶ取れてきました。




土曜日は中学生のテスト対策勉強会。



完全に自分の世界で皆さん集中しているので私語等一切なし。



うちの教室は非常に静かです。



高校生も第二教室で集中。





和田秀樹先生は「受験は気力・学力・体力」と言っています。



この3つは非常に大事。



最近特に思うのが「プラス管理力」。



「スケジュール通り学習を進めていく」、「苦手なところは繰り返してパターンを早めに押さえていく」など自分で「スケジュール管理ができているか」という点です。



「気力」が「絶対に結果を出す」という考えなら「管理力」は「気力体力学力を高めるために必要なベース」だという考えです。




ですから僕は「計画を立てられたらその時点で50%は成功」と話しています。



残りは実行すれば100%になりますし、実行しなければマイナスになるということです。




画像



画像




先日合格した生徒が「何で合格できたんだろう」と質問してきたので「面接の受け答えと科目試験」と答えました。



面接は試験官が「びっくりする答え」をして、科目試験はほとんどの人が選択した科目でない科目で受験した、ということかなと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テスト勉強会

2017/09/02 16:44
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今日は中学生対象のテスト勉強会を開催しています。



画像




高校生は第二教室での学習としていますので、別スペースで集中しています。



今回は各自で課題を決めて学習する形にしています。



おそらくは自分で組み立てを考えることで力はついていくはずです。



勉強会の途中で外部模試の結果も届いたので見直しも並行。



こちらは「正答率40%以上の問題で間違えた問い」の欄にマーカーを引きながら解説。



得点と偏差値だけ眺めてもダメ。



何ができていないか、さらに具体的に考えると「正答率40%」が目安になります。



そこで線引きしても全部取れれば300点が見えてきます。



そこが偏差値50ラインですから分かりやすいということです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DIY

2017/09/01 16:43
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



おとといは元生徒が就職内定の報告に来てくれました。




今日は先日AO特別入試で合格した生徒が報告に。



画像




入学金免除特待だから親孝行です。



今年は特待生が2人目です。




受験生の皆さんが結果を出してくれるのは、本人がどうしたら結果を出せるか考えて行動に移すからです。




Do it yourself ではないのですが DIY も必要だということかな。




↓こちらは内装を教室長が行った第二教室です。



画像




まず自分でやってみる、やってみてうまくできないならどうしたらうまくできるか考える。



勉強にも通じるところはあります。



「どうやったら良いか」わからないときは、他人からのアドバイスも有効です。



100%でなくとも取り入れられるものはしっかり取り入れることで自分に最適なものにしていくことができます。



おそらくなんでもそうだと思うのですが「そのままテンプレート=やり方が通用する」というケースはありません。



自分でアレンジするところはアレンジする、「最初に勉強する科目は得意科目、次にセットで不得意科目」であれば「得意科目の数学をやってから苦手な国語にしよう」というのが個々のアレンジです。



大きいスケジュールは変えずに、が基本ですよ。




明日は中学生のテスト勉強会です。



今回はDIYで各自に構成を行ってもらいます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シンプルに考えることは大事ですが

2017/08/31 14:46
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ



今日は夏期講習最終日。



あくまでも時間的な区切りで明日以降も授業は続きます。




今日は「シンプルに考える」ということについて。




僕は頭の中が混乱しているとき、とにかく「自分の行動の基準」に従って動きます。



そうすることで事前に決めていることを行うのであまり悩まずにすみます。



要するに「シンプルに考える」ということです。



大体において「その場で判断すること」が求められるので、悩まずに判断できるようにしています。




ただしじっくり考えるときもあります。




AだったらB、BだったらCと考えていくこともあります。



慎重に行かなければいけないときは当たり前ですが「じっくり」考えます。




要するに「使い分ける」ということです。




既に学校は始まっているので9月以降生徒の皆さんは「時間をどうやって有効活用するか」を考える必要があります。



そこは「時間があれば学習に充てる」とシンプルに考えましょう。



少し考える必要がある、具体的には苦手な単元などの学習ですが、そういう場合は土日を使ってみましょう。




基本は「1週間単位での学習スケジュールを実行する」。



非常にシンプルな方法で、見えやすいです。



興味関心のある方には学習相談でアドバイスしています。




画像




今週から「第二教室」オープンで皆さんより集中できる環境になっています。



高校生は専用室で勉強だけできる環境に。



これもシンプルに、そしてじっくり考えた結果です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高校生は進路決定者が4名に

2017/08/30 13:48
「第二教室」オープン!京進スクール・ワン鎌取教室は4月に11年目を迎えました!鎌取教室では中学生は「ワークチェック→チェックテスト」を毎週行い無料補講、小学生高校生も全科目無料サポート!全科目で成績を上げる鎌取・おゆみ野でオンリーワンの教室webはこちらからどうぞ




本日1名がAO特別入試に合格。



帝京平成大学 健康医療スポーツ学部 作業療法学科 



合格おめでとうございます。




同大学のAO特別は2名きっかりしか合格できないので非常に大変です。



受験科目は英語・数学。



報告を聞くと国語で受験していた人が多かったそうですが、この時期はまだ科目の仕上がりが十分ではないので皆さん当たり外れの少ない科目で受験する人が多いということです。




今日で高校生は進路決定者が4名に。



まだまだ受験生はがんばっています。




「自分で進路を決めて」勉強してもらっていますが、「スケジュールを1週間単位で組むこと」をアドバイスしています。



まずはしっかりと学力を積み上げていくことから。



受験とは地道に準備していくものですよ。




画像



画像



夏のキャンペーンは今週木曜日までとなっています。



期講習後半は8/18(金)〜8/31(木)の期間開催しています。



復習型の皆さんは「事前に授業内容を学習してくる授業」を昨年から行っています。



結果として演習量が増えることで力がつきやすくなっています。





「2017年夏のキャンペーン」のお知らせです。



8月末までにご入室の方への特典は以下の通りです:


週2回受講で入学金21,600円(税込)→0円に(週1回の場合は半額となっています)

紹介・お友達ご兄弟同時ご入室の場合:双方に図書カード5,000円プレゼント


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
個別指導の京進スクール・ワン 鎌取教室です/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる